人間、週休3日がいいのかも

世の中のたいていの人が、週休2日で働いていますよね。

私もそうです。

ところが、たまに仕事が立て込んだり、絶対に出席しないといけない会議があったりすると、7連勤、8連勤‥となったりすることもあるわけです。

 

その時は心が荒みますね。

 

逆に、有給や代休を使って3連休や4連休をつくることもあります。

 

あんまり長い休みをとると、休み明けが憂鬱すぎて逆に辛くなってしまいます。

 

先日、たまたま3連休を作ることができて、いつもよりしっかりのんびり休むことができたのですが…

 

なんか、とっても体の調子がいいな?

 

それから、2連休くらいだとやることを片付ける日と、とにかく体を休めるために一日中寝ている日というセットになりがち。

 

3日あると、週末にやらないといけないことも1日に詰め込まなくていいし、分散できる分時間ができてゆっくりお出かけなんかして、休むのも1日にまとめずとも、3日かん早めにベッドに向かえば自然と回復している。

 

すごく調子がいい!!

 

え!これ、毎週これじゃだめ?

 

毎週末3連休になったら、毎週こんなに身体が楽なの?

 

人間ってもしかして、そんなに毎日働く様に体ができていないんじゃない?

 

そんな風に感じました。

 

どこかの企業は、週休3日と週休2日を選ぶことができるんでしたよね。

 

めちゃくちゃ羨ましい!!

 

但し、出勤しなかった分はお給料が低くなるそうです。

 

うーん、お金か休みか…

 

生活に困らない程度の賃金なら全然いいんですけどね。

 

あと、繁忙期で週休2日あるかも怪しいシーズンは週休3日にしてもらうと困りますね〜。

 

目の前の仕事が期限内に終わるのか不安なところに、上司が新た仕事を持ってきた時の絶望感よ…

 

まあ、大概はなんとかなるんですが。

 

世の中死ぬこと以外はかすり傷、という言葉もあることですしね。

 

生きてさえいればなんとかなるんですよきっと。

 

そうは思っていても、急なトラブルに見舞われると「もう終わった!!!」って気持ちになるんですけれどね。

 

あーーん週休3日以上で十分生活できるようになりたいよおおおお!!!

週休3日制の会社を自ら立ち上げるしかないのでしょうか。

 

やっぱりまず億万長者にならなければ…

 

億万長者になったら大体「お金で解決できる」「仕事を辞めても生きていける」と考えられるようになってどうでもいいことで悩まなくて良さそう。