文章に固執する呪いと9月の投資成果について

こんにちは。億万長者になりました応援ありがとうございます(引き寄せの法則)アラサーOLです。

昨日の体重は47.3キロ。今日の体重は46.8キロでした。

え!47キロ以下!?なぜ?正直土日は好き勝手に過ごして、昨日なんて3食食後のデザート食べたんですけど!?

 

なんでだろう…

 

あ、昨日、やたらと喉が乾いて、1日で2リットルペットボトルを余裕で一本飲み干したんですよね。

それでむくみが取れたとか??

 

嬉しいけど理由が全くわかりませんね。

 

コンスタントに47キロを下回れば9月のダイエット目標だった「47キロになる」は達成です。

今後に注目ですね。

 

今日は9月の投資成果の話をします。

アクセス解析的にも私の投資やその成果の話は皆さん興味がないようなんですが、そんなことは私には関係ありません。

 

私は私の書きたい事を書きます。

そして、このブログはダイエットとか美容の話が多いけれど、根幹としては「億万長者になるのが夢のアラサーOLが億万長者になる過程を徒然なるままにブログを書く」というのが主旨なんです。

そんな主旨初めて聞いたって?

心に秘めていてごめんなさいね。

あとは、文章書くのが上手くなりたいので、とりあえずさらさら思った事を書いて行く練習でもあります。

その中で、億万長者の他にも理想の体型とかメイクとか、そういうなりたいモンがあるものですから、その辺も書いていってる訳です。

 

なぜ文章を書くのが上手くなりたいかというと、それはもうそういう呪いに掛かってるからしょうがないんですね。

 

私、今はそんなに小説とか沢山読むわけではなくて、自己啓発本とか、まあ、気になるものがあったら読むっていう風なんですよ。

でもね、小学生とか中学生のころのもっぱらの娯楽は、小説だったんです。

ちゃおとか漫画も読んでいたんですけれど、メインは小説でしたね。

もとは「おひさま」っていう月間の絵本雑誌を読むところから始まって、ポプラ社青い鳥文庫ハリーポッターダレン・シャンエラゴンなどの海外児童文学など。

あとは東野圭吾とか宮部みゆきとか。

祖父や親も本を読むのは当たり前っていう人でした。

それから、他の娯楽は普通に「いくらまで」「自分のお小遣いで賄える範囲で」という規制があったんですが、

本に関しては

「本当に読むなら、いくらでも買ってもらえる」ものだったんです。

両親も、本を読むのは当たり前だから、それを規制することはなかったんですね。国語力も養われて良いという考えだったらしいです。

 

それで本を読みまくって、小学生のころは青い鳥文庫を1日で10冊読んだりしていたんです。

読み始めたら、声をかけられても全くわからないくらい没頭していました。

 

今は全然、そんな風にじゃないんですけどね。子供の集中力ってすごいですね。

 

そうやって育ったから、「良い文章を書けるヤツがこの世で1番凄いんだ」っていう価値観が刷り込まれてしまっているんです。

 

そういう風に育った割に私のブログがしょぼいなって思われたらやだな。

まあね、幼少期のインプット量がアウトプットの質に完全に反映される訳ではないといういい実例という事でお許し下さい。

 

でね、もう呪いなんですよ。今は、そんなに小説とかも読まないのに。

バフェットとか政治家とかの方が世の中に多大な影響をもたらしているっていうことは頭で理解しているんですけどね。

もう文章が上手いっていう人をどうしても「偉い」「凄い」って思ってしまうんです。

だから、そうなって何か自分のためになることは何もないかもしれないんだけれど、文章書くのが上手くなりたいと、漠然とした顔はが常にあります。

 

億万長者になりたいけれど、それはそれとして文章は常に上手くなりたいのです。

 

ちょっと余計な事を書きすぎましたね。

 

9月の投資成果の話に戻ります。

 

今月はいつもよりチョコっと儲かりました。いつもの倍くらい。ネイル代に毛が生えたり安いところなら2回行けるくらい。

 

でもね!!

年間目標はここで達成!

余剰を積み上げるぞ!!