空想科学読本を読みました

空想科学読本を読みました。[ウルトラ科学編]という奴です。

 

安定のKindle Unlimitedでね!

 

Kindle Unlimitedちゃんいつもありがとう…

 

仕事で急に専門外の知識や技術を求められた時にとっても重宝しています。

 

「若いからネットで調べてなんでもできるでしょ?前任の人もそうだったから!」

というノリがありますよね。

大体、その前任がすごく器用なだけなのですが、ネットに馴染みのない方はネットで調べてやりましたしか聞かないので「ネットすごい!ネット有ればなんでもできる!」という期待を込めてお願いをされます。

ところが私は不器用でちょっと調べてその道のプロみたいな仕上がりにならないので、Kindle Unlimitedちゃんに「何でもいいから初心者向けの〇〇の専門書ちょうだい!」とおねがいして初歩から学ぶんですね。

Kindle Unlimitedちゃんほんといつもありがとう。

 

さて、空想科学読本の話に戻ります。

 

かつて中学生だった頃、一部の男の子がドハマりして、空想科学読本で得た知識を面白おかしく披露していたイメージがあります。

 

安定のKindle Unlimitedちゃんのおすすめにあったので懐かしさもあって読むことにしました。

こういう創作物に現実からのツッコミ入れる作品は嫌いじゃないですね。

「コナンくんのこの動き、普通なら死にます」

「サトシくんの肩に乗ってるポケモンは〇キロなので、超人」

みたいな奴とかね。面白いです。

もう中学生じゃないので、夢中なって時間を忘れるということはないのですが、ふんふん、なるほどね、と軽く読めていいです。

 

ウルトラマンの話ばっかりじゃなくって、根拠となっている物理現象などが現代技術に反映されている例なども載っているので、ウルトラマンをあまり知らなくても面白いですよ。

 

かくいうわたしもウルトラマンはほとんど知りません。たまにテレビで特集をやっていたり、父や周囲の男性陣が昔を懐かしんでウルトラマントークをしている中で得た知識くらいです。

あとは、イケメン俳優チェックでウルトラマンを数話見たときに得た知識とか。

 

それでも普通に面白く読めるからすごいですねえ。ウルトラマン愛が伝わってくるので、この解説のシーン、実際に見たいかも!とウルトラマンの販促もできているような。

 

シン・ウルトラマンのことも沢山書いてあります。シン・ゴジラがすごく面白かったので、この本の後押しもあってシン・ウルトラマンがちょっとみたいくなっちゃったかも!

 

ウルトラマン好きでない私でも面白いのですから、ウルトラマン好きならもっともっと面白いのでしょう。

 

空想科学読本の、私が好きな作品の解説があったら読んでみたい!