びっくりして怒る

自分でもなおしたいクセなのですが、予想外の出来事や急な予定変更など、驚くようなことがあると怒ってしまうんです。

 

きっと、脳みそのキャパシティを超えてしまって対応先れない混乱を怒りとして処理してしまうんだと思います。

 

なので、怒ってしまった時、確かに予定を乱されてスムーズな進行ではなくなったけれど、最終的な締め切りには間に合うようなとき、「もしかして、びっくりしてしまったからなのでは?」と落ち着いてから振り返るようにしています。

 

その整理を行わないままにしておくと、ふとして瞬間にその時の出来事を思い出して、怒りがぶり返してしまうからです。

 

きちんと振り返って、「あのときは怒ってしまったけれど、びっくりしたからだ」と整理をつけておけば、ふとした瞬間思い出したとしても

 

「あれは急に打ち合わせと違う事をした人がいてびっくりした」「そういう人がいるという事を学習した」

という記憶になります。

「ムカついた」記憶のままだと、いつまでも記憶と共に「ムカつき」まで呼び起こされて、関係者にメラメラ思い出しイラつきをしてしまうのです。

 

たまに「この人、機嫌悪いな、八つ当たりやめてほしい」って言う人がいますよね。

もしかしたら「解決した過去の問題」についてふとしたきっかけで記憶を呼び起こされることがあって、頭の中で頑張って忘れた怒りを思い出しメラメラしてしまったあなたにイライラひているのかも。

 

私みたいなめんどくさい人間もいるんですね。

 

他に、「ホルモンバランスの乱れ」「健康状態」「睡眠不足」によっても怒ってしまいやすくなるので、イライラした時には後からでも「出来事のせいでイライラしたのか」「状況や体調など、別の要因によってイライラしたのか」

整理するようにしています。

 

これをやるようにした事で、イライラしている途中でも「これ、なんで怒ってるの?」「最終的には問題ないし、まあいっか」と考えることができるようになってきました。

 

いつもと言うわけには行きませんが、怒りの原因を整理するスピードがだんだんと上がってきているんですね。

 

本当はそもそも怒ったりイライラしたりしない人間になりたいのですが、まだまだ道のりは長いですね。

 

もっと飄々とした感じの、いつも余裕がある人間になりたい…!

 

「精神5歳」と言われがちなので、改善したいです。

 

あとね、表立って文句を言えないときメラメラしてると威嚇笑顔になるのもやめたいです。

 

アラサーでもまだまだ理想に近づけない…

歳を取れば自動的に理想の大人になれると思っていた中学生の時の私よ、ごめん。