7月見たい映画がいっぱい

7月は夏休みとあって、面白そうな映画がたくさん上映されますね。

6月はトップガンマーヴェリックがすご〜く人気が高かったようですが、私はトップガンの一作目を観ていないので映画館に行って観るまではしなくていいかなという感じでした。

でも観た人はすっごく面白かったってみんな言ってますね。

トップガン、一から観るべきかな?

そんな感じで気になる映画がトップガンだけだった私は6月一度も映画館に足を運びませんでした。

ん?ドクターストレンジは観に行ったけどあれいつだっけ?

まあいいでしょう。

 

ところが7月!

めちゃくちゃいっぱい映画館で見たい映画があるーー!!

 

その中でも、マイティ・ソー!ラブアンドサンダー!!

あとジュラシックワールド!!!

クリス&クリスですね。俳優が。

 

めちゃくちゃ楽しみ!!

両方楽しみ!!!

 

ラブアンドサンダーって凄い題名。

まず、ラブが先頭に来てますからね。ソーの象徴のサンダーよりラブの方が前に来ているんですよ。

さすがマーベル界の月9枠(勝手に私がそう呼んでいるだけ)

以下これまでのシリーズの感想を含むので、もしネタバレに敏感な方がいらしたら読まないでください。

 

 

マイティ・ソーは初っ端から他のマーベルシリーズに比べて恋愛色が強かったなってイメージなんですよね。どのヒーローも恋愛は絡むけれど、スタートからソーは自分の顔の良さを理解してヒロインたちに接近していました。

あとジェーンと2人っきりになった途端、意味ありげに見つめあったり語り合ったりしだす!

キャプテンアメリカとかは、最初ヒロインは教官として接していたり、アイアンマンは最初は秘書として接しているとかそういうポジションというか、恋愛色が出る前のステップがマイティ・ソーは体感すごく短い!

 

もちろん、最初から片思いや元恋人からスタートするスパイダーマンやドクターストレンジは除きますが。

 

それでも、なんか、スパイダーマンやドクターストレンジはアクション映画のラブって感じで、「好きなのに!どうしよう!」みたいな甘ったるく無い恋愛のイメージです。

 

こう見つめあって互いに距離を測り合う月9感!マイティ・ソーにはなんだかあるよね!?

だんだんとかならバナーとナターシャとか、ワンダとヴィジョンとかあるんですけど、短期間で急なんですよソーは。

あと、ファッションも現代っぽい格好のままイチャイチャするから余計に月9感あるのかも。

 

とにかく最新作たのしみ!

 

もちろんジュラシックワールドも!!!

恐竜だいすき!!

ジュラシックパーク系をおさらいしてからみなきゃ!!

マーベルはもう何回もみてますからね

ジュラシックワールドも3回ずつは見てますけどね。

パークはなんかちゃんとおさらいしたことがなくて、幼少期に観たのと、あとは金曜ロードショーとかでちょいちょい観たくらいなので、しっかり復習したい。

ブルーちゃん可愛いよブルーちゃん。

賢くて強いとか本当最強ですよね。

今、本当に恐竜が蘇ったら、我々すぐ滅ぼされてしまいそう。

 

映画館いきたーーい!